佐賀市は若者の転出抑制を図るため6年間継続してきた特急通勤費補助事業を廃止する方針を固めた。アンケート調査などから、補助事業の効果が薄いと判断した。新規の受け付けを2020年度末で終了する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加