私たちが「企画甲子園」に参加しようと思ったきっかけは教室に掲示されていた一枚のポスターでした。

 私たちは、佐賀の魅力として取り上げられることが少ない「佐賀弁」に着目しました。高校生に佐賀弁に関するアンケートを実施したところ、半数以上の生徒が佐賀弁に対して良いイメージを持っていないということが分かり、多くの高校生に佐賀弁の魅力を知ってほしいという思いから企画を考えました。「佐賀弁カレンダー」のアイデアは、文化祭を通して浮かんだもので、主に日常生活で使われる佐賀弁を紹介します。佐賀弁を使った動画をホームルームの時間に放映する「Weekly movie」も考えました。方言は人から人へと伝承していくものです。実際に自分の目や耳で確かめることで、伝統的な佐賀弁を学ぶことができると思います。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加