佐賀県は13日、新たに10歳未満~80代の男女32人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては12日と同数で最多だった。鳥栖市の保育所と武雄市の歯科医院、県内の福祉作業所で感染確認が5人以上になり、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。県内での感染確認は延べ672人。

 県や鳥栖市によると、市立保育所「鳥栖いづみ園」で12日に保育士2人、13日に職員12人の感染が分かった。園児の感染は確認されていない。13日は職員や園児らへのウイルス検査のため臨時休園し、14日以降も2週間ほど休園する。13日までに全職員43人の検査を終えており、14日は全園児180人を検査する。

 武雄市の「のだ歯科医院」では12日までに職員5人の感染が判明した。9日に1人目の感染が分かり、別の職員や患者ら68人に検査をした結果、職員4人と家族ら3人が陽性だった。県は来院した人たちは把握できていると説明している。

 福祉作業所関連では12日までに10人の感染が判明した。内訳は、施設を運営する団体の職員2人、関連会社の社員1人、通所者7人。10日に職員1人の感染が分かり、職員や通所者ら34人が検査を受けた。

 クラスター発生を受けて県健康増進課の井田政和参事は「危機感を持って対応していきたい。今後も規模が大きくなりかねない場所なので、徹底的に封じ込めを図りたい」と述べた。(円田浩二、樋渡光憲)

 県内で13日に感染が確認された人の内訳は次の通り。

 【佐賀市】20代男性2人、20代女性2人、40代男性、50代女性、60代女性【唐津市】10歳未満男性、80代女性【鳥栖市】20代男性2人、30代男性、20代女性、30代女性2人、40代女性3人、50代女性【神埼市】20代男性【吉野ヶ里町】60代女性【基山町】50代女性、60代女性2人、80代女性【みやき町】20代男性、50代男性【福岡県】40代男性、60代男性【東京都】10代女性【大阪府】10代女性【兵庫県】30代男性

【関連記事】

福岡県との往来「自粛を」 県外での会食も 佐賀県知事、感染増で危機感 

サガン鳥栖新体制発表会中止 緊急事態宣言拡大で

佐賀県内観光地、長期化を懸念 福岡に緊急事態宣言

<新型コロナ・1月12日まとめ>佐賀県内最多32人感染 クラスターも発生か

このエントリーをはてなブックマークに追加