神埼署は12日、神埼市内の20代男性が8万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。

 同署によると、6日午後、男性がパソコンでインターネットサイトを閲読中、「ウイルスに感染しました」と画面に表示されてパソコンが動かなくなった。男性は画面に書かれた番号に電話し、女から「修理代金とウイルス対策費用として8万円かかる」「電子ギフト券を購入して支払ってください」などと言われた。

 男性は市内のコンビニで8万円分の電子ギフト券を購入し、パソコンに記載されていたコードを入力した。その後、別の男から「お金の受け取りに失敗した」と、再度ギフト券の購入を求められ、不審に思った男性は画面の番号を検索したところ、詐欺に使われていることが分かった。男性は12日に被害届を出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加