サッカー・J1サガン鳥栖は12日、DF内田裕斗(25)、MF湯澤洋介(30)の2選手と、新シーズンに向けた契約を更新したと発表した。

 内田は昨年、J2徳島(当時)から完全移籍で加入。積極的な攻撃参加が持ち味の左サイドバックで、リーグ23試合に出場し1得点。内田はクラブを通じて「人生の喜びがサガン鳥栖の勝利になるように全てをかけて闘います。僕はこんなもんじゃない。今シーズンめっちゃ期待しといてください」とコメントした。

 湯澤は昨年、J2京都から完全移籍で加入し、カップ戦1試合の出場にとどまった。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加