鹿島市のJR肥前鹿島駅。昨年12月下旬のトラブルでは、特急列車が30分遅れた

 昨年12月下旬、JR長崎線の特急列車が乗客とのトラブル対応で30分遅れた。結果的に特急を含め計6本が遅れ、500人に影響が出た。「クレームで特急が30分も止まるのか」。佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)に寄せられた疑問を検証した。

 発端は昨年12月22日午後6時ごろ、鹿島市の肥前鹿島駅での出来事だった。乗客の一人が「列車内の浅くくぼんだカップホルダーにビールを置いていたら、列車の揺れかブレーキが原因でこぼれ、プレゼントがぬれた」と立腹したことが原因だった。乗客は酒を飲んでいたとみられる。

 列車は車掌の合図がなければ出発できない。このとき車掌は1人で、乗客とのやり取りが長引き、JR九州は「降りてもらうしかない」と判断した。この乗客が肥前鹿島駅で降りる予定だったこともあり、駅員に引き継いだ。その後、複数の警察官が40分近く事情を聞いたり説得したりして、乗客は帰宅したという。

 12月23日に紙面やウェブサイトで報じ、「Yahoo!ニュース」にも記事を配信したところ、900件近いコメントが寄せられた。「へこみだけのテーブルは一考の余地あり」「車掌の初期対応がまずかったのでは」といった書き込みもあったが、ほとんどは「悪質なクレーマー」「通常の揺れなら列車は悪くない」といったJR側を擁護する意見だった。

 JR九州によると、電車を緊急で停車させるケースは、人身事故や車内で急病人が出た場合に加え、風雨などによる規制、列車の異常などがある。乗客とのトラブル絡みの停車については「少なくとも本年度は初めて。あまり聞かない」と広報担当者は話す。

 社内規定では「特急は2時間以上遅れた場合、特急料金を払い戻す」と定めている。「今回のようなケースでも、仮に雨で1時間半遅れた場合でも対応は同じ」と説明し、30分の遅延では、乗車していた人たちへの払い戻しはないという。

 ただ、2時間以上の遅れになれば、原因をつくった当事者に対して「賠償を求める可能性もある」と話す。踏切事故などで列車が破損するなど損害が出た場合にも、賠償を要求するケースがあるとしている。

 今回の対応について広報担当者は「もし車内でさらに大きな騒ぎになっていたら、ほかの乗客に危害が及んだ恐れもある。駅員に引き渡すことが最善だった」と振り返りつつ「乗客の皆さんは目的地に時間通りに着きたかったと思う。ご迷惑をおかけした」と話している。(小部亮介)

【関連記事】
「プレゼントぬれた、どうしてくれる」 乗客トラブルで30分遅れ 22日、佐賀・JR肥前鹿島駅で

「こちら さがS編集局(こちさが)」とは?

佐賀新聞と読者が無料通信アプリ「LINE(ライン)」でつながり、書き込みがあった身近な疑問や困りごとを記者が取材する双方向型の報道スタイルです。

以下のボタンから「友だち追加」して情報提供のメッセージやアンケート(随時実施)へのご協力をお願いします。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加