佐賀県は11日、新たに10歳未満から60代までの男女7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染は延べ608人になった。

 県によると、7人のうち5人は既に感染が判明している人の関係者だった。

 前日に感染が分かった22人の概要についても発表した。武雄市の60代男性と50代女性は夫婦で、いずれも県内の医療機関の職員。職場の同僚の陽性が確認され、検査を受けて判明した。

 佐賀市の50代男女と20代男性は家族。別の同居家族の陽性確認を受け、検査を受けた。50代女性は県内の医療機関職員で、職場も調査中という。

 県健康増進課の井田政和課長は「家庭内感染を防ぐため、距離をとって過ごすなど予防策を徹底してもらえれば」と話した。(大田浩司)

 県内で11日に感染が確認された人の内訳は次の通り。

 【佐賀市】10歳未満女児、50代男性【唐津市】60代女性【鳥栖市】60代男性【武雄市】20代女性【白石町】20代女性【熊本県】10代男性

【関連記事】

<新型コロナ>男女3人の感染を確認 11日、佐賀県内延べ604人に

<新型コロナ>22人の感染確認 10日の佐賀県内専用病床の使用率、一時25%超える

<新型コロナ>福祉施設でクラスター、佐賀県内2例目 9日、新規感染13人

このエントリーをはてなブックマークに追加