松浦川の川底をくぐらせて取水する馬ノ頭井堰

 伊万里市松浦町桃川を流れる松浦川の武雄市との市境近くに馬ノ頭(うまんかしら)井堰がある。慶長16(1611)年に当時の鍋島藩家老、水利の神様と呼ばれた成富兵庫茂安と、当地の代官であった中野神右衛門清明によって設計、築造され、当地の水田耕作の道を開いた。

 上流約1キロ地点の水位の高い大井手の脇から取水し、約700メートルの水路の高低差を利用して松浦川の川底をくぐらせて、対岸の桃川下分地区と上原地区の計70ヘクタールの水田に用水を供給する「逆サイフォン式」といわれる工法を用いている。

 サイフォン式の導水管の形が馬の頭の形に似ていることから、別名「馬ノ頭サイフォン」とも呼ばれ、一説では日本で最古の逆サイフォン方式のかんがい施設とされている。

 完成から400年以上たった今もなお動力を使わず活用されている。良好な状態を維持され、土木学会の選奨土木遺産にも認定されている。(地域リポーター・中尾良樹=伊万里市山代町)

このエントリーをはてなブックマークに追加