髙野有紀さん

松尾美代子さん

福野和子さん

山田和子さん

「和み」の皆さん(提供写真)

 2016年11月に立ち上げられたハンドメイド「和なごみ」。代表の松尾美代子さんが18年前に念願だった山の宿&居酒屋「青望庵」を有田町に開き、そこを拠点に手作り雑貨作りが始まった。妹の山田和子さんがタンスの中の古布などをリサイクルできないかと呼び掛け、現在、仲間は7人に増えた。年に2回のフリーマーケットなどへの出店も10回を数える。今年はコロナ禍で自粛を余儀なくされ、専ら毎週水曜日に青望庵に集まり、制作を続けている。(地域リポーター・藤泰治=有田町)

 

 松尾 美代子代表(67)

 2年前の唐船城築城800年記念事業に関わり、イベントにも参加できた。山の宿にも来場いただいております。

 

 福野 和子さん(83)

 終活を始めようとしていた時に皆さんとの出会いがありました。捨てられる着物帯をリメイクして喜んでいただける時が最高の幸せです。

 

 山田 和子さん(63)

 布を見ているとワクワクし、縫い合わせると面白い形になる日々を発見。ハンドメイド「和み」との出会いで人生が面白い、おかげさまの毎日です。

 

 髙野こうの 有紀さん(44)

 子どもの頃から不器用ながら、何か作って見たいと言う気持ちがずっとあり、皆様に支えられながら楽しんでいます。作品を作り上げることが夢です。 

このエントリーをはてなブックマークに追加