佐賀県は10日未明から明け方にかけて冷え込み、佐賀市川副町で1月としては観測史上2番目の低さとなる氷点下7・1度を記録した。九州北部上空に氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んだことと放射冷却が影響し、杵島郡白石町でも氷点下6・2度になるなど今季一番の冷え込みになった。積雪は佐賀市駅前中央の観測点で2センチを記録した。

 佐賀地方気象台によると、11日夜は気圧の谷や寒気の影響で雨や雪になる見通し。11日午後6時までの24時間の降雪量は平地で1センチ、山間部で3センチを見込む。

 県内の高速道路は10日、長崎自動車道や西九州自動車道、九州自動車道の通行止めが順次解除され、高速バスも午後から運行した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加