■序盤のミス響く 新体操の団体に挑んだ佐賀女子は、序盤の手具の落下が響き、前日の個人成績と合わせて7位。横川由美監督は「気負わず、冷静にやろうとはしていたが…。もったいなかった」と振り返った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加