小学生のバドミントン全国大会で準優勝に輝いた(左から)女子シングルス6年生以下の永渕友梨華、男子ダブルス6年生以下の山﨑琉生・德重瓢組

 バドミントンの全国小学生選手権の代替大会「日本小学生バドミントンフェスティバルINくまがや」が6~8日、埼玉県の彩の国くまがやドームで行われた。全国9地区の予選を勝ち抜いた代表が争い、佐賀県勢は、6年生以下男子ダブルスの徳重瓢・山崎琉生組(多久スポーツピア)、6年生以下女子シングルスの永渕友梨華(川上ジュニア)がそれぞれ準優勝に輝いた。

 26組が出場した6年生以下ダブルスの徳重・山崎組は、決勝で新潟県のペアと対戦した。第1ゲームを21-13と先取したが、第2、3ゲームをいずれも19-21で落とし、1-2で逆転負けした。6年女子シングルスは30人で争い、2回戦から登場した永渕は4試合を勝ち抜き、決勝では栃木県の選手に0-2(20-22、19-21)で競り負けた。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加