群馬-佐賀 第1クオーター、シュートを決める佐賀バルーナーズの相馬卓弥=群馬県の桐生市民体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第16節第2日の9日、群馬県の桐生市民体育館で東地区首位の群馬クレインサンダーズと対戦し、69-91で敗れた。通算成績は19勝10敗で、西地区の首位はキープしている。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター、ケニー・ローソンやレイナルド・ガルシアを中心に試合を優位に進めたが、終盤に連続失点を許して16-21でスタートした。第2、3クオーターでも差を縮めることができず苦しい展開が続いた。

 第4クオーターは、澁田怜音や中西良太のシュートで一時5点差まで追い上げる反撃を見せたものの及ばす、そのままリードを広げられた。

 佐賀バルーナーズは第16節最終日の10日、同会場で群馬との2戦目に臨む。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加