表面が広範囲にわたって凍った佐賀城本丸歴史館南側の堀=10日朝、佐賀市城内

 九州北部の上空に氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んだことと、放射冷却の影響で、佐賀県内は10日未明から明け方にかけて冷え込み、佐賀市川副町で1月としては観測史上2番目の低さとなる氷点下7・1度を記録した。白石町は同6・2度、佐賀市は同3・8度といずれも今季一番の冷え込みとなった。

 積雪は佐賀市駅前中央の観測点で2センチを記録した。佐賀地方気象台によると、今後は冬型の気圧配置が緩み、一時的に晴れるが、気圧の谷や寒気の影響で曇りとなり、夜は雪や雨となる見込み。11日午前6時までの24時間の降雪量は、平地で1センチ、山地で3センチを見込んでいる。

 県内の高速道路は、長崎自動車道、西九州自動車道が通行止めが続いているが、九州自動車道は通行が再開している。西日本高速バスは佐賀-福岡空港、佐賀-福岡(天神)の始発から運行を見合わせている。松浦鉄道は伊万里―佐世保で上下とも始発から運転を見合わせている。

このエントリーをはてなブックマークに追加