軽自動車で通るのがやっとの坂に、高さ十数メートルの切り立ったシラス土壌の壁が両側に迫る。地肌をコケやシダが覆い、通り抜ける風はひんやり心地いい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加