けがを乗り越え復調のきっかけをつかんだ。成年女子100メートル障害決勝で紫村仁美(三養基高教)は伊藤(愛媛・住友電工)に0・02秒差の13秒54で2位入賞。紫村は「結果で恩返ししたかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加