佐賀県畜産試験場(武雄市)が、豚の繁殖に関し、外科的手法を伴わない簡易な胚移植の技術を開発した。豚は通常、種豚(親豚)を生体ごと導入して子豚を産ませるのが一般的だが、これとは全く違う方法。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加