本多雄一コーチら3人を迎えてのトークイベント=基山町民会館

 基山町民会館で昨年12月、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本多雄一コーチと、周東佑京、栗原陵矢の2選手を招いた町主催のトークイベントが開かれた。テーマは「コロナに負けない。みんなで前へ」。町民を対象にした事前申し込み制で開催され、1400人以上の希望者の中から抽選で選ばれた400人が参加した。

 本多コーチらは、今シーズンをそれぞれ振り返りながら、エピソードを披露。コーチと選手の信頼関係などについて軽妙な語り口で紹介した。町民からのさまざまな質問にも答えながら「今はできないことがたくさんあるが、頑張っていれば必ず良いことがある。新型コロナにも自分にも負けずに、元気でいよう」と呼び掛けた。

 新型コロナ対策のため、マスクを着用した観客は声を出すのは控えながらも、大きな拍手で選手らのファンサービスに応えていた。(地域リポーター・江藤裕子=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加