嬉野市の塩田工業高の学校祭「塩工祭」が19、20の両日、同校であり、くぎを一切使わずにくみ上げた木製の入場門がお披露目された。建築科2年の32人が、文化祭に合わせて「いつまでも使える物を」と制作した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加