梅雨の季節に備え、大雨などで災害が起こる恐れがある場所を回る防災パトロールが29日、嬉野市であった。市職員や消防署員らが市内4カ所を回り、現場の状況を確認し、必要な対策について話し合った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加