入寮した巨人の新人選手。最前列中央がドラフト1位平内、前から2列目右端が育成6位の坂本勇人=川崎市(球団提供)

 巨人の育成ドラフト6位新人で、チームの主将と同姓同名の坂本勇人捕手(唐津商高)が7日、川崎市のジャイアンツ寮に入った。先輩の坂本勇に打撃を教わりたいそうで「内角のさばき方や、下半身の使い方を聞いてみたい」と対面を心待ちした。

 初めての寮生活に「不安はあるが、環境になれてから頑張っていこうと思う」と初々しく意気込んだ。送球の正確性と打撃が売りで「打てる捕手を自分も目指している」と現役時代の阿部2軍監督を目標に掲げた。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加