国が司法修習生に給与を支払う給費制を廃止し、貸与制にしたのは憲法違反として、元修習生で佐賀など九州各県の弁護士44人が、国に1人1万円の賠償を求める訴訟を21日、熊本地裁に起こした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加