大雨による洪水を防ぐため建設された全国のダムのうち23道県に所在する106カ所で、上流の川から流れ込んだ土砂が堆積し、増水分をためる容量が減っていることが21日、会計検査院の調べで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加