新型コロナウイルスの「第3波」が猛威を振るい、首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言が再び発令される見通しとなるなど、波乱の幕開けとなった2021年。経済への影響が長期化する懸念がぬぐえない中、佐賀県内の企業の代表者たちは、大きく様変わりした社会に迅速に対応し、新たな需要創出に向けて果敢に挑戦する大切さを説いた。県内主要企業の年頭のトップ訓示を紹介する。(順不同)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加