佐賀空港への陸上自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、加藤勝信官房長官は6日の定例会見で「恒久的な配備先として佐賀空港が最適という考えに変わりはない」と述べた。

 佐賀空港に代わる配備先の検討について問われた加藤氏は「佐賀空港が最適」との認識を示し、「代替地の検討に着手する方針を決定したという事実はない」とした。

 さらに木更津駐屯地(千葉県)への暫定配備に関して5年以内を目標にしている点を踏まえ「今後、有明海漁協等との調整を加速させることで、佐賀空港への配備計画を実現できるよう防衛省で努めていくと承知している」と説明した。

 佐賀空港に代わる自衛隊オスプレイの配備先の選定に着手するとの一部報道を受け、佐賀県の山口祥義知事は「全く聞いていない」とし、「少なくとも県は真しん摯しに向き合っており、漁協もノリ漁期が明けたらしっかり話をするとのことなので、そこに注力したいし、見守っていきたい」と話した。(山口貴由、栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加