全員でつかみ取った劇的な勝利だった。2年ぶりに「春高」の舞台に立った佐賀清和は、相手に4度マッチポイントを握られる展開にも動じず、和歌山信愛をセットカウント2-1の逆転で破って3回戦に進出した。野中健志監督は「最初は地に足が着いていなかったが、中盤からミスを減らして戦えた。ほっとしている」と喜んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加