和歌山信愛―佐賀清和 第1セット、スパイクを放つ佐賀清和・小國=東京体育館

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)第2日は6日、東京体育館で男女の2回戦が行われた。佐賀県勢は女子の佐賀清和が和歌山信愛を2―1で破り、3回戦進出を決めた。男子の佐賀学園は日本航空(山梨)に0―2で敗れた。

 男子は前回優勝の東山(京都)が東海大相模(神奈川)を、同準優勝の駿台学園(東京)が崇徳(広島)をともに2―0で退けた。前回4強の松本国際(長野)、清風(大阪)も3回戦に勝ち上がった。

 女子は2連覇が懸かる東九州龍谷(大分)が富山第一にストレート勝ち。前回2位の古川学園(宮城)は日立二(茨城)に2―1で競り勝ち、2019年の全国高校総体を制した就実(岡山)は文京学院大女(東京)を2―0で破った。

 第3日は男女の3回戦と準々決勝があり、女子の佐賀清和は3回戦で東京都市大塩尻(長野)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加