やや緊張しながらも右手でガチャガチャ(カプセル自動販売機)のハンドルを握り、勢いよく一周回す。コトンとカプセルが一つ落ちてきた。この手応えは何十年ぶりだろう。すっかり童心に帰った気分になった。さてさて中身は何かな?

 きょうの紙面で紹介した「戦国武将缶バッジ」のガチャガチャ。昨年11月、名護屋城跡を取材した帰りに1台の販売機が、ふと目に飛び込んできた。

 軽い気持ちで100円を入れて回してみたところ、四国の戦国大名、長宗我部元親が入っていた。武将の姿を劇画調で描いた面白い画風だなと見入りつつ、販売機には当月の“レアキャラ”と記されていた。ちょっとした幸運を引き当てた気分になり帰路に就いた。

 武将バッジが気になって後日いろいろ尋ねたところ、制作者の福浦恵理子さんにたどり着いた。話を聞いて、そのアイデアと実行力に感じ入った。

 取材が終わり、せっかくということで再び回してみた。有名武将たちが次々と出てきた。“大人買い”とまではいかなくても、多少夢中になってしまったことは否めないが…。これから月替わりのレアキャラを探し求める楽しみができた。(唐津支社・成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加