餅を贈呈した日本モーターボート選手会佐賀支部の小野勇作支部長(中央)と古賀繁輝副支部長(右)。左は慈光園の井上和宣園長=唐津市の同園(提供写真)

 日本モーターボート選手会佐賀支部は、唐津市十人町の児童養護施設「慈光園」の子どもたちに餅や図書カードなどを贈った。新型コロナウイルスの影響で毎年恒例の餅つきを取りやめ、代わりに贈り物を届けた。

 佐賀支部の小野勇作支部長と古賀繁輝副支部長が12月30日に園を訪れ、井上和宣園長にプレゼントを手渡した。同支部では1960年から選手たちが園で餅つきを行い、子どもたちと交流を深めている。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加