サッカー・J1サガン鳥栖は6日、DF宮大樹(24)がJ1福岡に、MF石川啓人(22)がJ2山口に、それぞれ完全移籍すると発表した。

 宮は昨年、J1神戸から鳥栖に加入し、センターバックとしてリーグ戦14試合に出場した。石川は鳥栖の下部組織出身で、2016年に2種登録でJ1デビューし、昨年はJ3熊本に期限付き移籍していた。リーグ戦出場はJ1が通算3試合、J3は34試合で1得点。

 それぞれクラブを通じ「1年という短い間でしたがありがとうございました」(宮)、「もっと大きくなった姿を見ていただけるよう頑張ります」(石川)とコメントした。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加