佐賀学園―東京学館新潟 第2セット、スパイクを放つ佐賀学園・白熊=東京体育館

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)が5日、東京体育館で開幕して男女の1回戦が行われた。佐賀県勢は、男子の佐賀学園が東京学館新潟を2―0のストレートで下して初戦を突破した。

 男子は優勝経験のある大村工(長崎)が城東(徳島)を、崇徳(広島)が星城(愛知)をともに2―0で退けた。3大会ぶり出場の高松工芸(香川)も安田学園(東京)にストレート勝ちした。女子は大阪国際滝井が誠英(山口)に2―0で勝利。東京都市大塩尻(長野)は八王子実践(東京)をフルセットの末に破った。

 男女各52校参加の大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で実施。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

 第2日は6日、同体育館で男女の2回戦があり、初戦となる女子の佐賀清和は和歌山信愛と、男子の佐賀学園は日本航空(山梨)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加