食生活改善功労者の厚生労働大臣表彰を受賞した犬塚玲子さん=伊万里市役所

 伊万里市瀬戸町の犬塚玲子さん(83)が、食生活改善功労者の厚生労働大臣表彰を受賞した。長年にわたり地域で料理教室を開いて人々の健康づくりに貢献し、郷土料理の次世代への継承にも取り組んだことが評価された。

 犬塚さんはボランティア団体「伊万里市食生活改善推進協議会」で40年以上、食を通した地域の健康づくりに取り組んできた。2006年から17年まで協議会の会長を務め、郷土料理の継承にも力を入れた。核家族化などで失われつつある食文化を守ろうと、料理本を作ったり、若い世代向けの講習会を開いたりした。

 協議会の会員になったのは40歳の頃、家族が糖尿病を患ったのがきっかけだった。自分の考えた献立で多くの人が健康になることにやりがいを感じ、現在も公民館などで地域の人たちに料理を教えている。

 大臣表彰の受賞に「活動が認められてうれしいです」と喜び、「料理は奥が深く、やればやるほど面白い。今後もできる限り調理場に立ち、健康な食生活の手助けをしたい」と話した。

 本年度の食生活改善功労者の厚労大臣表彰には、県内から唐津市食生活改善推進協議会も選ばれた。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加