児童虐待の早期発見に向けた児童福祉関係者の研修会が20日、佐賀市内で開かれた。自治体や児童養護施設の職員ら約100人が出席。虐待による死亡例などを学び、関係機関の速やかな連携の重要性を再認識した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加