国道を逆走して対向車3台と絡む事故を起こし、6人にけがを負わせたとして、福岡県警は5日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)所属の自衛官の男(26)=吉野ケ里町立野=を逮捕した。

 福岡県警によると、スピード違反をした疑いがある男の車を捜査車両が発見。赤色灯を付けて追跡しようとしたが見失い、その後事故が起きた。「摘発を免れるためだった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2020年11月6日午後11時ごろ、福岡県古賀市の国道3号の交差点で、対向車線に進入して軽乗用車2台にぶつかった上、うち1台と後方車を衝突させ、19~45歳(当時)の男女計6人に胸骨打撲などの重軽傷を負わせた疑い。男もけがをして入院していた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加