佐賀銀行(坂井秀明頭取)は、スマートフォン専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」のサービスを7日から始める。同行は個人利用客にアプローチするための手段の一つにしたい考えで、1年間で4万件、最終的には15万件の利用者数を目指す。

 ウォレットプラスは、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下のiBankマーケティング(福岡市)が提供するアプリで、佐賀銀行の口座を登録することで口座残高確認や収支管理、目標を設定しての目的預金など各種金融機能を利用できる。パートナー企業からのクーポン配布や金融にまつわる情報コンテンツの配信なども受けられる。

 坂井頭取は「現時点の銀行のスマートフォンアプリでは、内容や今後の拡張性を考えると一番よい」と業務提携の狙いを語る。「いま金融機関が悩んでいるのは、若い個人客と接点ができないこと。この事業で収支がよくなるというより、個人向けの営業効果を期待している」と話す。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加