佐賀共栄銀行(二宮洋二頭取)は、ガソリンスタンドなどを展開する「希星」(佐賀市川副町、池田正臣社長)と、産業用電子機器販売の「エレクトロ通商」(同市鍋島、古賀三知雄社長)の私募債をそれぞれ受託した。両社はいずれも運転資金に充てる。

 希星はガソリンスタンドのほか、介護事業なども手掛けている。発行したのは信用保証協会保証付きの私募債で、発行額は3千万円、償還期間は5年。

 エレクトロ通商は産業用電子機器の国内販売、輸出入、メンテナンスを主な事業としている。発行したのは銀行保証付き私募債で、発行額は6千万円、償還期間は5年。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加