佐賀県蒲鉾協同組合(15組合員、石橋竹春理事長)は、有明海で二枚貝を食い荒らすナルトビエイのすり身を使ったハンバーグを開発した。9月に発売予定で、捕獲、駆除される“厄介者”の有効活用に期待がかかる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加