アニメ「ゾンビランドサガ」のメインビジュアル(C)ゾンビランドサガ製作委員会  (C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

「ゾンビランドサガ」のブルーレイボックス発売記念として、キャラクターデザインの深川可純さんが描き下ろした主人公・源さくらのイラスト(C)ゾンビランドサガ製作委員会  (C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

 佐賀県が舞台のテレビアニメ「ゾンビランドサガ」のブルーレイボックスが3月26日、発売されることが決まった。特典として、最終第12話の「その後」を描いた新作ドラマCDを封入している。

 続編「ゾンビランドサガ リベンジ」の4月からの放送に合わせてリリースされる。本編の最終話は、作中のアイドル「フランシュシュ」が唐津市ふるさと会館アルピノで開くライブを描いているが、特典のドラマCDはその後、クリスマスを前にしたメンバーたちのドタバタ劇を描いている。

 また、さが維新まつりや鹿島ガタリンピック、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ、伊万里湾大花火にキャストが参加した際の映像など、発売中のブルーレイ1~3巻に収録された全ての特典映像も再収録。スペシャルブックレットやオープニングテーマ「徒花(あだはな)ネクロマンシー」の複製絵コンテなども封入している。価格は2万3000円(税別)。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加