玄海町との地域協議会設置に意欲をみせた峰達郎市長=唐津市役所

 唐津市の峰達郎市長は4日の新年記者会見で、東松浦郡玄海町と原子力行政を含むエネルギー政策などを話し合う地域協議会の設置について「(今月の市長選で)2期目を任せていただければ、任期中に実現させたい」と意欲を示した。

 峰市長は、原発に特化した協議会ではなく「地域振興など幅広い分野での協議会の設置なら可能」との認識を示し、「同じ唐松地域として、腹を据えて話し合いをしないといけない自治体同士だと思っている」と述べた。昨年12月には、唐津市議会の玄海原発対策特別委員会が協議会の設置を提言している。

 市長選の告示が24日に迫る中、任期中に同町の脇山伸太郎町長との協議会設置に向けた話し合いを行うかについては「打診はする。スケジュールが合えば会う」と話した。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加