武雄市の武雄神社で23日、828年の伝統を誇る流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。「武雄くんち」のハイライト。人馬一体となって矢を的に命中させると、見守った約3千人(市発表)から歓声と拍手が沸いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加