九州電力の池辺和弘社長は佐賀新聞社のインタビューに応じ、北海道の2町村で原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査が始まったことに絡み、「九州でも議論する場があるといい」…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加