「相手と楽しくラリーができるところ。どっちが点を取るか、わくわくする」。武雄市の北方小6年の山崎琉生(やまざきりゅうせい)君(12)は、2年の時に始めたバドミントンの魅力を楽しそうに話す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加