鋭く回転した球がピンをはじくと、爽快な音がレーンにこだました。競技ボウリングに打ち込む鹿島市の鹿島西部中3年の田中陽貴さん(15)は、両手で球を投げる「ダブルハンド投法」を取り入れている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加