長崎地裁が開門した場合、国に制裁金を支払うよう命じる決定を出したことについて、佐賀県の古川康知事は、「司法は司法」と冷静に受け止め、裁判とは別に解決策を探っていく考えをあらためて示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加