唐津市浜玉町の玉島小(加茂律子校長・75人)の5年生13人が2日、学校近くの学習田で田植えに挑戦した。児童たちは泥だらけになりがら「さがびより」の苗を丁寧に植え付け、“実りの秋”を心待ちにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加