佐賀県は30日、10歳未満から60代までの男女7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は延べ464人になった。

 県によると、内訳は佐賀市の30代と50代の女性、鳥栖市の20代男性、福岡県の60代男性、三養基郡基山町の10代女性、同郡上峰町の50代男性、伊万里市の10歳未満の男児。

 県は前日に感染が分かった7人の概要も説明し、三養基郡基山町の50代女性と20代男性は、24日に感染が判明した20代男性の家族だった。鹿島市の60代男性は、23日に感染が分かった市内の30代女性の家族。いずれも家族の接触者として受けた検査では陰性だったが、発熱などの症状が出た後に陽性が確認された。

 鳥栖市の30代女性は、県内の介護施設に勤務している。施設の職員や入所者ら30人の検査を進めている。(円田浩二、西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加