認知症が原因で行方が分からなくなったとして、昨年1年間に家族などから警察に届け出があった不明者は、2012年から715人増の1万322人だったことが5日、警察庁のまとめで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加