地域のお年寄りに思いを込めて年賀状を書いた児童たち=佐賀市の春日北小

地域のお年寄りに思いを込めて年賀状を書いた児童たち=佐賀市の春日北小

地域のお年寄りに思いを込めて年賀状を書いた児童たち=佐賀市の春日北小

 地域住民に日頃の感謝を伝えようと、佐賀市大和町の春日北小の5年生88人が24日、校区内で1人暮らしをする70歳以上の高齢者151人に年賀状を書いた。地域の民生委員を通じて年始に届けられる。

 子どもたちは初日の出や鏡餅、新年の干支(えと)にちなんだ牛などを描き、「毎日の見守りありがとうございます」「体にお気を付けください」などのメッセージをつづった。太宰明日美さんは「コロナが収束して平和な一年になるよう願いを込めた」、楢橋美絢(みあ)さんは「元気になるような言葉を書いた。顔は知らないけど気持ちが伝わったらいいな」と話した。

 同校の久保朱美教諭は年賀状を書くことを通して「普段から地域の方にたくさん見守られて学校生活を送れている、と感じてもらえたら」と話した。佐賀市社会福祉協議会大和支所と大和町ボランティア推進協議会が共催した。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加