ササを使ってすすを払い落とし、新年を迎える準備を進める巫女たち=鹿島市の祐徳稲荷神社

 例年多くの初詣客でにぎわう鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で28日、年末恒例のすす払いがあった。巫女(みこ)たちがササを使って楼門や神楽殿のほこりを払い落とし、新しい年を迎える準備を整えた。

 ササを使った昔ながらの神社の大掃除で、軒下の見えないところにたまる汚れを払い落とした。巫女の下村凜乃さん(20)は「今年は新型コロナウイルスを払う気持ちも込めた。新年は、笑顔で皆さまをお迎えしたい」と話していた。

 鍋島朝寿宮司は「感染の収束を願うとともに、心が浄化され、明るくなる神社の役割を担っていく」と話した。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加