佐賀市は6日、市内の建設業者の労働組合でつくる佐賀建設労働組合(石井義介組合長、826人)と災害時のボランティア協定を結んだ。建物や道路、水路などの被害状況を報告、障害物除去などで協力する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加